水ではなく、ぬるま湯で。

洗顔に使う水の温度は、大事なことです。
水ではなく、ぬるま湯でするのが、洗顔の大切な基本となります。
皮脂や角質が落ちにくいのが水で、お湯では逆に皮脂が取れすぎて肌表面の乾燥の要因となってしまいます。
洗顔をお風呂のお湯よりもぬるい温度ですれば、余分な汚れの半分以上を洗顔料を使わなくても落とすことができるといいます。
洗顔料を使う際必要なのは、成分にも注意することです。
ポイントは雑菌が繁殖しにくい弱酸性であることで、さまざまな効果がある洗顔料が売られていますがよく調べてみましょう。
おすすめなのは、保存料など余計なものができるだけ入っていない無添加のものを選択することで、にきびにも刺激が少なくてすみます。

洗顔料は良く泡立ててやさしく泡洗顔

洗顔料を使うときには、良く泡立てましょう
泡立てたものを顔にやさしく乗せるのが正しい洗顔の方法で、顔の上で泡立てるのはよくありません。
洗顔用のネットなどを使えば、泡立ちが悪いときにはうまく泡立てることが可能です。
こするのではなく洗顔は泡に汚れを浮き上がらせて落とすもので、これが本来の洗顔の方法だといえます。
スクラブがにきびの刺激になり、かえって悪化させることがありますので、にきびがあるときには、スクラブ剤が入った洗顔料は使わないようにしたほうが良いでしょう。
大変重要なのは、洗顔料は良くすすぐことです。
2~3分かけてできればじっくりとすすぐことで、汚れを確実に落とし、にきびを予防することが可能です。